読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を食べたキミは無敵。

小さい頃おいしゃさんごっこをして遊んでいて、いつか大人になってもずっと続けている、そんな人生

後輩は可愛いものだと思う

わたしが今働いている病院は200床ないくらいの中規模病院であり、毎年受け入れている初期研修医は5人と決まっている。病床数からいくと研修医の人数は少し多いかなというくらいの人数だ。わたしがこの病院に赴任してから2クールの研修医(つまり現2年目と、…

スタバにて

たいていの時には、スタバにいる。 いまも、カフェミスト(のデカフェでソイミルク)を飲みながら、パソコンに向かっている。 スタバという場所は何となく、自分に酔っているというか、いわゆる意識が高いひとが行くといういうか、あまり良くない意味でのハ…

そのジェンガを崩さないように

ジェンガをほぐしてゆく。 崩さないようにジェンガをほぐしてゆく。 どこを抜けばジェンガは倒れずに立っていられるのか。ひとつの腐食したジェンガのかけら。かけら。ピース。それを抜いても、そのジェンガは立っていられますか。 どれだけ抜いてもジェンガ…

寂しい病のおばあちゃんと、わたし

病棟の最上階に、長いこと入院しているおばあちゃんがいる。 青山さん(仮名)齢80歳、旦那さんは代々弁護士さんの家系だったらしく、ハイソな生活をしてきたおばあちゃんだ。ずっと旦那さんとは仲が良かったとみえて、お金にも愛情にも不自由ない人生を歩ん…

本当は怖い!?当直の実態

夜の病院は恐ろしい。 恐ろしいと言っても、お化けだとか幽霊だとかそういった類のお話ではない。恐ろしいのはいつでも生身の人間だ。病院においてすでに死んでしまった人間(あるいはそれが化けて出たものだとしても)はそう恐ろしいものではなく、本当に恐…

長い髪の毛は何を隠す

髪の毛を伸ばし始めたのにはいちおうどうでもいい理由があって、それは働き始めて運動習慣がなくなって少し丸くなってしまったこの顔の輪郭を隠すためで、そういうわけでかれこれ2年半くらい、わたしは髪の毛を伸ばしていることになる。 ほんとうに、どうで…

わたしが脳神経外科に進みたかった理由(内面対話)

こころ、っていうものは、いったい体のどこにあるのだろう、という僕の質問に対して、 『そんなもの、決まっているじゃないか、脳、にあるのさ。脳は、君に起こるすべての事柄を感じ取って、すべての感情が沸き起こる源泉となっている、目、耳、舌、皮膚、は…

精神科のことを書けないでいる2・希望

精神科のことを書けないでいる。 わたしは何を書きたいんだろう、この心の中にある気持ち、これを言葉にすると何という単語を使って紡ぎだされる文章になるのだろう。 なぜ書くことにたいしてナイーブになってしまうのか、そう、自分の中で上手に咀嚼できて…

精神科のことを書けないでいる

精神科のことについて書かなくてはいけないなと思っている。 12月に1か月、精神科病院で研修をした。そこで見たこと、したこと、感じたこと、書かないといけないなと思っているのに、なかなか文章にできないでいる。 例えばそれをブログに書くことで、それを…

産まれたばかりのひよこは、ピヨピヨ喚くことが仕事である

かれこれ1か月以上ブログを放置してしまっていた。 生存確認ブログすら更新しておらず、あかりクンから生きてる?ってTwitterもらって申し訳ない気持ちになった。 一度書かなくなるとなんとなく書き方を忘れてしまって、どんな気持ちでどんな風に書いていた…

ただしい後輩の育て方

昨日はとある試験的な試験のデモ受験者として、試験を受けてきた。 そこで偉い感じの先生から、後輩の指導の仕方について教えてもらったのだけれど、そのスライドのなかで”マズローの欲求階層説”が紹介されていた。 マズローの欲求階層説は聞いたことはあっ…

バリウム検査ってしんどいですか?

バリウム検査ってやっぱりしんどいですか? 『おうつしかえ』のid:banbanさんのこのエントリ。 <a href="http://banban.hatenablog.com/entry/2014/07/05/120212" data-mce-href="http://banban.hatenablog.…

女医さんのJOYカバン~~

わたしはひとのかばんを見るのが大好きです。 雑誌とかで有名人さんの特集されてるのみるのも好きだし、こうやって今週のお題で特集されちゃったりして、こっそりひとのかばんがのぞけちゃうの、すっごいステキと思う。 これ、わたしが今ふだん持ち歩いてる…

ひとり暮らしのひとが風邪をひいた時は、3日分の備えをしよう!

2ヶ月前に米ブームがきて、1ヶ月前からパンブームがきて、3日前くらいから食べなくていいブームになってる…— 鈴木あかめ (@akame_me) August 31, 2014 これは8月31日のTweet。なんとなく、予兆はあったみたい。全然気づかなかった。むしろラッキー、って気さ…

CとUのあいだ

病院というのは奇妙な空間だ。 患者さんの満足度向上のためにまずは心地よい空間を提供します。とかいって夏は寒く冬は暑い。夏はクーラーががんがんに効いていて冬はこってりと暖房で温めている。もちろん病院に長居しない患者さんにとっては快適なのだが病…

【あべのハルカス】彼女たちの愛した、大阪【って何語?】

3連休も終わりに近づいていますね。私の印象としては、7月も終わりだというのにあまり暑くなく、過ごしやすい3日間だったように思います。あまり外に出ていなかったからでしょうか。 みなさまは、海に行かれましたか、それとも山に行かれましたか? これ…

【なんでやねん】私 in 大阪!【どないやねん】

私 in 大阪! ただいま仕事で大阪に来ております。本日から二泊三日の予定です。 大阪といえば、NOT大阪県民の私にとっては、パスポートがないと入れないのではないかというくらいの未開の地域であり、食べ物にしても文化にしてもかなり独特で特殊であり、国…

いざ、利尿薬を飲んでみた。

以前に書いた、サイアザイド系利尿薬『フルイトラン』をいざ処方してもらいました。 先生に『フルイトランって月経前緊張症に適応があるんです。なので私に処方お願いします!』と言ったら『そうなんだ。知らなかった』と言われました。 ふむふむ、あまり知…

普通の1日、けれど愛おしい日々。

AM4:50 起床。お弁当を詰める。とても眠い。 AM6:00 行ってきます。すごく眠い。 AM7:00 病院に到着。自転車のカゴに家庭ゴミを詰めた後輩にバッタリ出会い、ハイテンションで挨拶される。少し目が覚める。 AM7:10 ロッカールームのテンキー…

あなた、蚊タイプの医者ですね。

蚊って『何でそんな所を』という場所を刺してくる。親指とか、足の甲と土踏まずの境目とか。そんな所さりげなくかけないっつーの!さりげなくかけない場所は、つまりさりげなく叩けない場所だ。という事は、蚊は人間にすぐに叩いて殺されない場合を選んで刺…

生理前のむくみに、フルイトラン?

こないだ降圧薬の勉強をしていて、フルイトランが月経前緊張症に適応があることを知りました。フルイトランはサイアザイド系の利尿薬です。利尿薬なので、身体の余分な水分を出す働きがあります。つまりむくみ解消の効果あり。働き始めて立ち仕事が増えたか…

外来に来た16歳の女の子は。

今日外来の予診してたら、16歳の女の子がお母さんと一緒に来た。目的は別の病気なのだけど、カルテにパーソナリティ障害で加療中、自殺未遂歴あり、と書いてあったから少し身構えていた。何でかっていうと、私がパーソナリティ障害の極期には、もう外来でな…

研修医の三種の神器

確か、研修医の三種の神器と言われているものは 『白衣』『聴診器』『ペンライト』だった気がする(うろ覚え)。 他にも研修医にとっての三種の神器って、色々あるんじゃないかと思って、考えてみた。 例えば、『白衣のポケットに入れておきたい三種の神器』。…